バリアフリー出版の現状と課題
バリアフリー出版今昔物語
バリアフリー出版関係リンク集
用語解説
HP主催者略歴
 HOME
執筆著書紹介・注文ページ
バリアフリー出版を行った音訳図書視聴ページ
著者にメールを送る
私的リンク
サイトマップへ
 

ホームページ主催者略歴

松井 進(まつい・すすむ)
1971年
千葉県生まれ。
1990年
千葉盲学校卒業後、米国オーバーブルック盲学校インターナショナルプログラムへ参加。コンピュータプログラマーとしての訓練を受ける。
1992年
点字による公務員採用試験を経て千葉県採用。千葉県文書館に配属となる。
1993年
盲導犬クリナムと歩き始める。
1999年
クリナムがリタイア。2頭目の盲導犬、アンドリューと歩き始める。


アイメイト協会同窓会会員、盲導犬を普及させる会アドバイザー。
 著書に「二人五脚 −盲導犬クリナムと歩んだ7年の記録」(実業之日本社刊)の他、「盲導犬ハンドブック」(文藝春秋刊)、「盲導犬アンドリューの一日」(鈴木びんこ絵、ポトス出版刊)、「見えない目で生きるということ〜視覚障害者の暮らし・接するためのヒント」(明石書店刊)など多数。
 出版活動では、デジタルデバイド(情報格差)を改善するため、一般文字の本の他、点字版や音訳版(朗読テープ)、大活字版、マルチメディアDAISY版(CD−ROM)、FDブック版(フロッピーディスク)等の多様な媒体による「出版のバリアフリー化」に向けて取り組んでいる。
 また視覚障害者や盲導犬について一人でも多くの方に正しく理解してもらえるようにするため、各地の小中学校やボランティア講習会等での講話の活動を行っている。

 

ホームへ